PRESS

DATE ▶
2016.05.19 |
PRESS

shampoo-01

正しいシャンプーの仕方!綺麗な髪の重要ポイントです!

『すぐに実践!正しいシャンプーの仕方!』のご紹介を、イクス店クノが担当致します!

 

みなさん普段シャンプーの洗い方など気をつかっていますか?

頭皮、地肌は一番全身で洗いにくい部分です。

 

暖かくなってきて、ベタつきやすくなったりニオイが気になる時期になってきました。

 

そこで、今日はおうちですぐに出来る、正しいシャンプーの仕方をもう一度チェックしていただきたいと思います!

 

 

まず・・・

 

1.クシでとかしておく

 

 

ポイント▷▷ 髪はお湯に濡れると絡まりがとれにくくなります。からまったままシャンプーをするとダメージの原因になります

 

 

2.地肌までゆっくり濡らす

 

髪に指を通しながらおよそ、1分かけてしっかり予洗いします!

 

ポイント▷▷ 予洗いをしっかりすると少量のシャンプーでも泡立ちやすいです。しかも毛穴が開いて綺麗に汚れがとれやすくなります!なので予洗いはとっても大切です!

 

 

3.泡立て

シャンプーを両手で伸ばし軽く泡立てます

 

 

ポイント▷▷ 泡をしっかり立てると、地肌の汚れをしっかり取れるのと、髪同士の摩擦を防いでダメージ防止になるのです!

 

 

これでいよいよ。地肌につけていきます

 

ロングの人は特に空気をたっぷり含ませながら髪の毛も一緒に泡立てていきます。

 

 

4.指の腹でしっかりと頭皮全体を洗います

(爪は絶対に立てちゃだめです)

 

まず顔周りのはえぎわ、頭頂部を洗います

 

 

次に真ん中あたりの、耳後ろと後頭部。

 

最後にえりあしを洗います!

 

 

ポイント▷▷ 全体をゴシゴシしたら、最後にもみ洗いがオススメです。指を熊の手のようにまげて頭皮をつまむようなイメージでもみ洗いをすると血行も良くなり硬い地肌が和らげます!

 

 

5.すすぐ

 

しっかりすすぎます!

先にある程度の泡をとってからお湯を流すことをオススメします。

 

 

ポイント▷▷ とにかくしっかり流してください!特にえりあし、耳うらは洗い残しやすいのでヌメりがなくなるまでしっかりと洗ってください!

絡まりやすい方は上向きですすぐことをオススメします!

 

 

6.トリートメントは毛先中心に

 

ロングの方はトリートメントをつけてからクシを使うのがベストです。

頭皮用のトリートメントを使っている方でしたら地肌につけて頭皮をマッサージ出来るといいですね!

 

シャンプー後

手ぐしで乾かしただけでこんなに綺麗になりました!

 

山上さんの場合はロングなのとダメージでひっかかってしっかり洗えてる感じがしてなかったということだったので、かなりキレイになりましたし、すっきりしたようです!

 

洗い方次第で地肌ケアとヘアのケアと両方出来ちゃいます!

少し意識するだけで全然違うのでみなさんも一度シャンプーを見直してみてください!

PAGETOP
RESERVATION / ご予約はこちらから CONTACT ONLINE SHOP